■ はじめに

受験者数は毎年約55万人!この資格って一体なんでしょう?
そう、答えは「簿記検定」です。
それにしても55万人って、すごい数ですよね。
ちなみに、簿記検定は1~3級まであって、

1級⇒簿記のスペシャリスト 合格率約10%
試験の難易度★★★★★
2級⇒簿記の中級レベル 合格率約30%
試験の難易度★★★
3級⇒簿記の初級レベル 合格率約50%
試験の難易度★

まず入門編である3級を取得してから2級、1級というように、レベルアップ
していくのが一般的。しかし、簿記を活かして仕事をするのであれば、
2級以上が必要なため、なかにはいきなり2級からスタートする人もいます。
私の場合は、産後の再就職のために一刻も早く簿記の資格を取得したかったので、
簿記2級の通信講座を受講し、3カ月の学習で一発合格しました。
そして、その翌月には再就職が決まり、今は3歳の娘を保育園に預け、
近所の保険会社の事務員として働いています。

このサイトでは「簿記検定とは何か」、
そして「試験概要」から「簿記2級の試験攻略」までを紹介していきます。
これから簿記の資格を取得しようと思っている人、必見ですよ。

簿記二級を取るのにおすすめの教材はコチラ!
初心者にもわかりやすいテキストが好評です!